塩ビ管の規格Q&A

塩ビ管Q&Aでは硬質塩化ビニル管(VP及びVU)水道用硬質塩化ビニル管(VPM)のサイズ(寸法表)、JIS規格基準についてQ&A方式で初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆塩ビ管の規格Q&A

◆規格寸法表の「VP」「VU」の内径寸法はなぜ異なるのですか?

◆「VP」「VU」の内径寸法の相違について

 硬質ポリ塩化ビニル管の「VP」「VU」の内径寸法が異なる理由は「VP」「VU」の使用圧力が異なるためです。

 使用圧力の高いVPはVU以上に、硬質ポリ塩化ビニル管の厚みが厚い構造となるため、内径が小さくなります。

 当サイトは初心者向きに硬質ポリ塩化ビニル管の規格寸法表の表記では、
●肉厚
●肉薄
 とい補足表記を用いております。

◆塩化ビニール管の接着剤の種類

◆塩化ビニール管の接着剤の種類

 塩ビ管の接続部分に使用する接着剤は塩ビ用のプラスチック専用の接着剤を使用する必要があります。

 市販されている塩ビ管用の接着剤は
●速乾性の製品
●有色の製品
●徐々に色が消えていく製品
 など様々な種類があります。

 用途や配管の種類によっても接着剤は細かく分類されているので、用途にあった接着剤を選択することが大切です。

◆接着剤の色が違うのはなぜ?

◆接着剤の色が違うのはなぜ?

 塩ビ管の接続部分に使用する接着剤は、配管の種類によって、透明な接着剤と色のついた接着剤があります。

 この色が違う接着剤がある理由は、施工後の仕上げ状況によって使い分ける為です。

 住宅用で目に見える部分の接続に使用される接着剤は透明なもので仕上がりを奇麗に見せる必要があります。

 対して工場などで使用される接着剤などは、接続に問題がないかどうかの検査を行う際に、目視で確認できる色がついたタイプの接着剤の方が望ましいケースもあります。

 これらの用途を踏まえて、色の違う商品が製品化されているのです。