塩ビ管の規格Q&A

塩ビ管Q&Aでは硬質塩化ビニル管(VP及びVU)水道用硬質塩化ビニル管(VPM)のサイズ(寸法表)、JIS規格基準についてQ&A方式で初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆塩ビ管の規格Q&A

◆塩ビ管とは何ですか?

◆塩ビ管とは?

 塩ビ管とは、正式名称が「塩化ビニル管」と呼ばれる建築資材のひとつです。

 塩ビ管は「塩化ビニル樹脂」と呼ばれる腐食に強い樹脂成分を主原料にし、更に良質な
●安定剤
●顔料
 を加え、加熱した押出成形機に流し込むことで製造されております。

 塩ビ管は、我々の生活導線である「下水道管」をはじめ
●電線管
●土木管
 など、様々な分野で塩ビ管は使用されております。

◆塩ビ管の製品規格の分類

◆塩ビ管の製品規格の分類

 塩ビ管製品の種類は実に多く存在します。

 これらの商品として製品化された塩ビ管は様々な規格によって、製品ごとに分類されております。

 尚、当サイトでは、日本工業規格(JIS規格)を基本として一覧表を掲載しておりますが、塩ビ管の主流の規格にはJIS規格の他にも各種協会が定めた以下の規定が設けられております。

【塩ビ管の製品規格】
●JWWA(日本水道協会規格)
●JIWA(日本工業用水協会規格)
●JSWAS(日本下水道協会規格)
●AS(塩化ビニル管・継手協会規格)

◆配管の色はグレーが主流?

◆配管の色はグレーが主流?

 住宅用の塩ビ管の場合、一般的によく見かける塩ビ管はグレー(ねずみ色)のものが主流です。

 しかし最近では、グレー以外の配管も多く見かけるようになりました。

 塩ビ管の色は、製品の種類によって大まかに分類されております。

■HIVP管は濃紺が主流
■VP管はグレーが主流

 しかし、この色でなければいけない。という厳格な規定は設けられておりません。

 その為、デザイン性を重視した塩ビ管も多く製品化されております。

 また、大学などの研究所の実験設備などでは、透明な塩ビ管・継手が広く使われています。

 透明な塩ビ管・塩ビパイプは流水の流れが確認できる為、研究施設や工場プラントなどの使用に適している為です。